FX取引のメリットとデメリット検証


FXでの利益と税金について

sdfsi FX投資で一定額以上の儲けが出た場合には、確定申告の義務が生じます。確定申告、忘れずにしていますか?近年、FXでの利益に関する税金滞納が問題になっています。意図的に滞納しているケースもあるようですが、そもそもFX取引で確定申告の必要が生じることを知らない方が以外と多いようですね。お小遣い稼ぎ感覚でFX取引をしていると、うっかり税金のことを忘れてしまうのも分からないではありませんが、しっかり確定申告はしてください。

同じ金融投資でも、株取引では少々ルールが異なります。源泉徴収ありの特定口座を選んでさえおけば、証券会社が税金を引いて納めてくれますから、自ら税の計算・申告をする必要がないのです。

ですが、FXにはこうしたシステムがありません。そのため、自ら税金の申告をする必要が生じてくるのです。面倒ではありますが、必要に応じて確定申告を行って下さい。忘れずに税は納めましょう。

税金逃れはいけませんよ!税金逃れは、結果的に損になります。考えてみて下さい。調査の手が入り、税金の滞納がバレれば、大変な思いをするのはあなた。一気に多額の追徴金が課せられ、苦しい思いをするのはあなたなのです。

せっかく手にしたお金を税として差し出すのは悔しい、という気持ちもあるでしょうが、ルールはルール。のちのち痛い目をみる羽目にならないよう、まじめに税は納めていきましょう。

ではここで、FXで確定申告の義務が生じる条件を確認しておきたいと思います。FXでの利益は「雑所得」にあたります。つまり、主収入ではなく副収入による所得という扱いですね。では、FXでの利益(雑所得)がいくらに達すると確定申告が必要になるのでしょうか。その目安は以下の通りです。

○サラリーマンやOL: 雑所得が年に20万円以上のとき
○給与所得のない専業主婦や学生:雑所得が年に38万円以上のとき

なお、上記の38万円というのは、基礎控除額に相当します。

皆さんの中には、「38万円?103万円までは税が免除されるのでは?」と思った方があるかもしれません。確かに「103万円の壁」という言葉をよく耳にしますね。ですが、この場合の103万円という控除は“給与所得”がある場合のもの。「給与所得控除額(65万円)+基礎控除(38万円)=103万円」という割合になっています。よって、給与所得がなく、雑所得であるFX収益のみがある場合に受けられる控除は38万円。さしずめ「38万円の壁」といったところでしょうか。給与所得とは税のかかり方が変わってくるので注意しましょう。

ちなみにパートやアルバイトの方は、基本的にサラリーマンと同じ扱いになり、雑所得が20万円を超えた際に確定申告の可能性がでてきます(パソコンの購入代といった経費は利益から差引けます)。

このとき、押さえておきたいポイントが1つ。上記に記した“利益”ですが、これは現金化した(利益を確定した))金額を指しています。つまり、(決済前の)保有している状態のポジションは、課税対象にならないということ。取引上でプラスがでていても、決済をしなければ納税義務は発生しないと覚えておきましょう。

確定申告の作業は、慣れないと煩雑に感じられるかもしれませんが、頑張ってください。確定申告は、あなたがFXで“勝った”という証こう考えて、明るい気持ちで納税しましょう。確定申告が上手く進められない場合は、税理士さんなどに相談されることをオススメします。