FX取引のメリットとデメリット検証


FXのメリットとデメリットについて

sfuuireu3i 最近では徐々に一般的になってきたFX取引ですが、他の金融商品とは違ったメリットやデメリットがあることを、知らない人も多いのではないでしょうか。まずは誰もが気になるデメリットから述べていきます。

デメリットのひとつとして、『業者が倒産した場合のリスク』があります。取引にあたって運用する資産をFX業者に預けますが、この業者が倒産してしまった場合、預けた資産が返ってきません。このリスクを避けるために、信託保全というシステムがあります。資産を預けるための業者を選ぶ時点で、この信託保全を取り入れている業者を探して利用することが重要です。

おすすめ業者: ハイローオーストラリア

さらに『レバレッジによるリスク』があります。後にメリットとしても挙げることになるこのレバレッジは、入金した資産よりも多い額を取引で動かすことができるというものです。損害額も入金額を上回る可能性があるため、同時にデメリットにもなり得るシステムなのです。これに関しては、よほどのことがない限り、大きなレバレッジをかけないことで回避することができます。どうしてもという場合に限って利用し、3倍から5倍程度で抑えた額を利用するのが良いでしょう。

最後に、『各国の戦争やテロ、天災などによる為替変動』が挙げられます。突発的な事件による予期せぬ為替変動で、通貨が暴落する可能性があります。しかし、この為替変動については「通貨の価値がここまで下がったら、自動的に決済を行う」という設定を行っておくことにより、大規模な損益を避けることができます。この『逆指値』というシステムを、FX取引を行う際にはあらかじめ正しく設定しておきましょう。

ここまで3つのデメリットを挙げてきましたが、たくさんの人がFXを選んで取引をする以上は、メリットのほうが多くあると言って間違いはありません。

なんといっても、従来の金融商品と比べて非常に手軽にできるということが、FX取引の最大のメリットだと言えます。膨大な銘柄を調べる株式の取引と違い、主要な通貨について知っておけば扱えるFXは、取引にあたって必要な知識や勉強の量が比較的少なくて済むのです。1万円程度の少額からでもFX取引に参加することができ、平日の24時間いつでも取引ができるため、時間的な拘束がありません。これまでの金融取引の「元手として莫大な資金と株への知識がなければ、そして常に相場変動を見守っていなければ」というイメージを覆す、画期的な取引であると言えるでしょう。

また、『外貨預金』などと比較すると、手数料が格安であるという部分も大きなメリットです。実はこの外貨預金、金融商品の代表格とされているにも関わらず、手数料が割高なため収益を出すのが困難であり、顧客からすると大変不利なものでした。FXの手数料は外貨預金のわずか1/10以下と格安であるため、その分収益に繋がりやすくなります。

さらに、先ほどデメリットでも紹介したレバレッジですが、入金した元手としての金額よりも大きな額を扱えるというメリットがあります。損害額が増えるリスクもありますが、プラスになった場合は見返りとしての金額も増えます。

そして、外貨の売りから入ることもできるFXでは、相場状況が円高でも円安でも、局面に合った運用の方法によりいつでも利益を得られます。FX取引は世界最大の金融市場であり、世界中に利用者がいるため、取引相手が見つかりやすく、不正が発生しにくいという特長もあります。