FX取引のメリットとデメリット検証


バイナリーオプションといろいろな相場

バイナリーオプションは、通貨などのいろいろな相場のレート変動を利用し、そのレートが一定時間内に、あらかじめ定められている条件を達成できるかどうかに対して投資を行っていくものになります。

こうしたことから、相場のレート変動をどのように予測していくのかがポイントになっていくのですが、この相場の動きには様々な傾向が存在します。

相場は売買取引が行われている場であるために、細かな上下動をつねに繰り返しながら、それが大きな波形になって変動し、さらに大きな周期の波の動きを作り出しています。
この波形が一方向に強く進み続ける相場状態のことを「トレンド相場」と言い、上昇方向へ進んでいくものを上昇トレンド、下降方向へ進んでいくものを下降トレンドと呼んでいます。

また、この上昇と下降のトレンドを繰り返しながらその波形の幅がだんだんと小さく狭まっていき、ほとんど停滞するような波形になることがあり、こうした相場の事を「レンジ相場」や「ボックス相場」と呼んでいます。

FX取引では、トレンド相場では利益が上げやすく、レンジ相場では利益が得られないとされていますが、バイナリーオプションでは為替レートを投資取引の条件の成否を見るために利用しているため、どちらの相場であっても関係なく利益を出すことができます。

また、一般的にはトレンド相場の方が波形があるために予測がしやすく、レンジ相場はほとんど停滞しているためにどの方向に動くが予測がつきにくいとされていますが、バイナリーオプションでは取引ルールを切り替えることによって、この状況に対応することができます。

例えば一般的なトレンド相場であれば、決められた価格よりも上になるか下になるかを予測する「ハイ&ローオプション」の取引ルールが最適であり、相場レートが上になるのか、下になるのかをしっかりと予測することよって、取引きの成功率を高めやすいものになるでしょう。

トレンド相場でも、その流れが強くて速い荒れた相場であれば、制限時間内に決められた価格に相場レートが到達するかどうかを判定する「タッチオプション」を選択すれば、普段は到達できない価格であっても、こうした相場を利用して条件達成がしやすくなります。

また、ほとんど停滞をするレンジ相場であれば、一定の期間内に決められた上値と下値の幅内にレート変動が収まるかどうかを判定する「レンジオプション」を用いれば、より投資成功の確率を上げることも可能になります。

さらに、このような達成条件の難しい取引きにおいては、投資資金に対しての払い出し金の比率が高くなる、例えばペイアウト倍率が高くなったり、投資金が少なくなったりなど、利益率の大きい取引きを行うことができるため、相場の状況によって取引ルールを選択していくことによって、より有効的にバイナリーオプションを行うことができるのです。