FX取引のメリットとデメリット検証


FXブローカーを選ぶには

sdfs79ou3i FX取引をスタートするにはまずはFX専業会社、証券会社、ネット銀行などに口座開設が必要です。FX専業会社は専業にしているだけあってスプレッドが狭くて取引コストを抑えたいときに便利です。昔はFX専業会社が破綻して証拠金が戻ってこないと言うトラブルが見られました。しかし現在では信託保全が義務化されているので万が一FX専業会社が破綻しても証拠金は戻ってきます。財務の健全性を図る自己資本比率もホームページで公開されており、%が十分高いFX専業会社を選んでおけば安心度が高いです。

FX専業会社には海外FX会社もあります。国内会社ではレバレッジ規制でできない、400倍や800倍や1000倍と言ったハイレバレッジをかけることが可能です。ゼロカットシステムを採用している場合が多く、ハイレバレッジをかけて相場の予測が外れても証拠金ゼロでロスカットされるだけ済みます。

また、国内会社ではあまり見られない入金ボーナスなどお得なボーナスが実施されている場合も多いです。入金分と受け取ったボーナス分でハイレバレッジをかけて増やすと言った投資法も可能です。しかし信託保全が国内のように義務化されていないので、万が一破綻したときのリスクがあります。海外FX会社の中には2万ユーロまで信託保全しているところもあり、ここなら安心して証拠金を預入することが可能です。

証券会社はFX以外にも株や先物、CFD、投資信託、債券などなど様々な金融商品を取り扱っています。FXだけじゃなくいろいろ投資したい方に便利です。昔はスプレッドが広い傾向がありましたが、現在のネット証券ではFX専業会社とほとんど変わらないくらい狭くなっています。

ネット銀行はFX専業会社や証券会社と比べるとサービス面で見劣りしてしまいます。普通預金や定期預金、外貨預金など様々な預金を取り扱っているので、FXと預金と組み合わせて資産運用したいときに便利です。FX口座開設で普通預金の口座維持手数料が無料になる特典をご用意しているネット銀行もあります。

どこに口座開設して良いか迷ってしまったときはFX会社比較サイトで特徴を比較すると選びやすいです。取扱い通貨ペアやスプレッド、スワップポイント、取引ツール、キャンペーンなどなどいろいろな条件で比較することが可能です。各FX会社の口座開設ページへのリンクもあり、気に入ったFX会社が見つかればそのまま口座開設が出来ます。口座選びのポイントが詳しく解説されているFX会社比較サイトもあり、選ぶ際の参考にすることも可能です。



ナビゲーション


FX他のカテゴリ

基礎情報

外せない情報

利益と税金

サイトナビ

ご利用前に必読
サイトナビゲーター